第4話 ムチウチのこんな症状

第4話 むちうちで起こる様々な症状

第5話 病院の治療と整骨院の違い

 

 

むちうちの様々な症状|横須賀交通事故.com

むちうち治療の様子むちうちには様々な症状があります。
症状により呼び方が異なり、治療方法が変わってくることもあります。
横須賀悠整骨院では、お一人お一人しっかりカウンセリングして検査しそれぞれに合った適切な施術を行います。

 

 

 

頸部挫傷・外傷性頚部症候群

頸部捻挫は交通事故により頸部が衝撃をうけることで、首の靭帯や筋肉が損傷すること、
頸部挫傷は頸椎の周りにある筋肉が損傷することを指します。
筋肉や靭帯はレントゲンに写らないため細かく診断することはとても難しく、また首の筋肉と首まわりの筋肉がとても近い所にあることから頚部捻挫と頚部挫傷ははっきりとした区別がない症状です。

バレリュー症候群

バレリュー症候群は首の損傷によって自律神経などの神経系が直接・間接的に刺激を受ける事によりめまい、耳鳴り、目の奥の疲れ、視力低下、息苦しさ、のどの違和感、頭の重だるさ、手のしびれ、集中力の欠如などの疾患を指します。
レントゲンの画像診断では骨折、脱臼がなく、自覚症状のみなので、明確な原因がないと判断されてしまい精神的にもツライ症状です。
きちんと治療すればこれらの症状は後遺症として残ることはなく改善される症状です。

頚椎椎間板ヘルニア

骨に症状が出ているわけではないので、レントゲンやCTには映りません。
MRIでの撮影でようやく異常と判断できる疾患が椎間板ヘルニアです。
初期症状では寝違えのような鈍痛が発症し、次第に手足の激しい痛みやしびれ、力が入らないなどの神経症状が起こります。
病院では手術を勧められる場合もあります。

頚椎症

肩こり、圧痛、脱力感、疲労感、こわばりなどが見られますが、明確な症状でないため交通事故による衝撃が関連付けられていると考えにくい症状です。
また脊髄が圧迫されると歩行障害、便秘、排尿障害、めまいなども起こる可能性があります。
なにかおかしいな?と感じたら一度ご相談ください。

脳脊髄液減少症

事故の衝撃で脳髄液が脳脊髄液腔から継続して漏れてしまい、頭痛などの様々な全身疾患が現れます。
現段階ではまだはっきりとした治療法を研究している状態である疾患ですが、横須賀悠整骨院では良く似た症状を改善した例もありますので、一度ご相談下さい。